イベント/開催案内

【開催案内】KGRI Virtual Seminar Series コロナ時代の日本と世界: 新たなパラダイムを危機とするか機会とするかを考える(2020.6.17、7.1、7.15、7.29開催)

2020.07.01

BannerKRGI_Japanese-4.jpg
COVID-19は、世界・国・個人に大きなインパクトを与え、今後、地殻変動ともいえる変化をもたらすと考えられます。コロナ第一波への日本の対応は、その過程で情報基盤の脆弱さや革新と社会実装の遅滞などを明らかにしており、第二波が来る前に、至急強化が図られねばなりません。
本セミナーでは、広範な影響を多面的に解析し、現在の取り組みの紹介にとどまらず、第二波に備えて至急実施すべきこと、コロナ時代の新しい社会を作るため半年程度で実施すべき施策について、各分野から提言をいただきます。


【開催日時】
第1回 医療と科学技術
2020年6月17日(水)17:00-18:30
アジア地域におけるCOVID-19対策:教訓と将来展望
 葛西 健(WHO西太平洋地域事務局長)
日本が医療崩壊を免れた「ファクターX」を探せ
 中原 仁(慶應義塾大学医学部教授/KGRI副所長)
メドテックエコシステム〜 緊急対応からの学びとポストコロナ時代の連携 〜
 ⽵村 研治郎(慶應義塾大学理工学部教授)

第2回 経済と労働
2020年7月1日(水)17:00-18:30
コロナ危機下の経済政策対応
 小林 慶一郎(東京財団政策研究所研究主幹/慶應義塾大学経済学部客員教授)
NPI(Non-phamaceutical intervention)と個人の意思決定
 井深 陽子(慶應義塾大学経済学部教授/KGRI上席所員)
New Normal 時代の働きかた
 風神 佐知子(慶應義塾大学商学部准教授)

第3回 社会と法律
2020年7月15日(水)17:00-18:30
コロナ時代の地政学的地殻変動
 中山 俊宏(慶應義塾大学総合政策学部教授/KGRI副所長
ポスト・コロナ時代の「情報自己決定権」
 山本 龍彦(慶應義塾大学大学院法務研究科教授/KGRI副所長
コロナ時代における企業のデータ戦略
 若目田 光生(日本総合研究所上席主任研究員/KGRI客員所員)

第4回 総括討議
2020年7月29日(水)17:00-18:30
特別講演

感染症有事の準備体制~コロナで見えた日本の課題~
 武見 敬三(参議院議員)
インターアクティブセッション 日本のアクションアジェンダ
パネリスト:
 武見 敬三(参議院議員)
 葛西 健(WHO西太平洋地域事務局長)
 岡野 栄之(慶應義塾大学医学部教授/KGRI上席所員)
 風神 佐知子(慶應義塾大学商学部准教授)
モデレーター: 
 乗竹亮治(日本医療政策機構理事・事務局長/CEO)

【開催方法】
Zoom Webinarによる、オンライン配信

【申込方法】
こちらより、お申込みください
(第1回~第4回、一度お申し込みいただくと4回分ご参加いただけます)

【その他】
日本語、参加費無料

【プログラム】
第1回 医療と科学技術
第2回 経済と労働
第3回 社会と法律

第4回 総括討議

【動画配信(英語講演のみ)】
こちらより、ご覧ください

ポスター

本イベントに関する問い合わせ:
Keio University Global Research Institute (KGRI)
(e-mail: kgri-office[at]adst.keio.ac.jp)
"[at]"を"@"に変更して送信してください。