塾内公募型研究センターとは

Only available in Japanese

塾内のさまざまな研究領域を横断的に連結・融合させた、新しい形の研究拠点(あるいは教育・研究拠点)形成のために設立された「先導研究センター」の機能を引継ぎ、学部・研究科横断的な全塾的組織としての研究拠点(センター)の設置・改廃・運営・人事等を機動的に行い、研究活動の活性化、迅速化を目指しています。
(先導研究センターの機能は、2020年4月1日付でKGRIに移管されました。)

塾内公募型研究センター(旧先導研究センター)は次のような特徴を持って活動します。
● 義塾の先導的・戦略的研究拠点の形成
● 共通の研究テーマを持った教員グループ同士が学部・研究科横断型の共同研究活動を展開
● 既存の枠組みを超えた新しい研究領域の確立
● 国内外の研究教育機関との連携
● 研究の実態に即した特任教員等の任用
● 豊かな教育や人材交流の機会提供
● ダイナミックな研究領域に対応した組織構造
● 研究の使命完了に伴うスムーズな終了(発展的な再編や独立、常設の新研究組織設置の検討)


コンテンツ