2040独立自尊プロジェクト

2040独立自尊プロジェクト
-持続的長寿社会の世界標準発信を目指す-
未来社会創造の場

2040年の日本の高齢者人口は約4,000万人に達する見込みとされ、日本は世界に類を見ない超高齢社会を迎えます。労働人口の急減、被介護者の増加、社会保障費の増大等、さまざまな社会課題の深刻化により、このままでは日本の社会が立ち行かなくなることが予想されます。慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI: Keio University Global Research Institute)では、こうした状況を見据え、個人および国家の「独立自尊」を守り、健全な社会を形成していくための取り組みとして、「2040独立自尊プロジェクト」を立ち上げました。独立自尊とは、自他の尊厳を守り、何事も自分の判断・責任のもとに行うことを意味する、慶應義塾の基本精神です。本プロジェクトは、理工、医学、人文社会科学という異なる研究領域が融合し、学生を含むアカデミア、企業、行政や海外機関との対話を通じ、より多層的な空間においてこの国家的困難の解決を目指します。更には、新しい国家のあり方を提示し、日本が国際社会をリードすることで真の独立を追求します。

情報発信サイト『IMPACTISM 2040』は こちら

2040独立自尊プロジェクトのニュース・イベント情報は こちら

本プロジェクトが目指すもの


2040 image

健康寿命延伸プロジェクト

すべての人が個人の尊厳を持ち健康に生きるための社会の仕組み作り

2040 image1

革新的ソフトマター統合プロジェクト(RISΣプロジェクト)

人間と機械の融合・調和を実現する新しいテクノロジーの創発

2040 image3

プラットフォームと「2040年問題」プロジェクト

プラットフォームが巨大化するネットワーク空間において、個人と国家の尊厳を守ることができるような新しい秩序を提案

2040 image2

未来社会創造の場とは

本プロジェクトは超高齢社会という国家的危機を乗り越え、日本が世界に先駆けnew normalを生み出すことを目的としています。それには最先端研究・学問の場としての従来の大学のあり方を越え、研究者が描く未来像やそこにかける想いを発信するだけでなく、社会のレスポンスを柔軟にプロジェクト活動に取り込むシステムが必要です。そのためには、理工・医学・人文社会科学の知を結集した高度なレベルの研究と同様に、国境や世代、地域、業界などの枠組みを越えた多様な人々の継続的な参画がキーとなります。本プロジェクトは超高齢社会において、全ての人びとが個人の尊厳を携え、力強くしなやかに生きる社会を創造する場としての機能も果たします。活動の詳細や報告等は順次公開予定です。