イベント/終了

KGRI Lecture Series : (2018.11.16開催)"22世紀のグランドデザインを見据えて現在の課題を深く洞察する":教育プロジェクトスタートアップイベント

2018.11.16

日本は人類が経験したことのない超少子高齢化社会を迎え、世界の地政学・技術革新も大変革の時期を迎えています。人生100年を生き抜き、未来を先導してゆく知的体力の養成が学塾としての急務ではないでしょうか。私たちには福澤諭吉・武見太郎という時代背景は違っても未来を見据えて今日的課題に取り組んだ先達を持っています。
2020年度に本格的な講義を開始するに先立ち、ミニ・シンポジュウムを開催します。

日 時:2018年11月16日(金)17:30~20:00  開場 17:00
会 場:慶應義塾大学 三田キャンパス 東館ホール(8階) 
主 催:慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)
対 象:どなたでもご参加いただけます。
言 語:日本語
その他:参加費無料,事前登録不要,直接会場にお越しください。


プログラム:

17:30-18:00 講演
「未来からの反射:超少子高齢化時代の社会の持続可能性と発展を考える」
 武見敬三(参議院議員)

18:00-19:00 パネルディスカッション「今よみがえる福澤・武見思想」
「医療政策の成熟と深化への貢献」
 中谷比呂樹(慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート特任教授)
「人間の為の科学技術」
 小泉英明(日立製作所名誉フェロー)
「今こそ求められる"文明の精神"」
 山内慶太(慶應義塾大学看護医療学部教授)
「"学問に凝る勿れ"にみる福澤の姿勢」
 権丈善一(慶應義塾大学商学部教授)
モデレーター 安井正人(慶應義塾大学医学部教授,KGRI所長)

19:00-20:00 参加者による交流会 ※会場は当日ご案内します


ポスター


問い合わせ
KGRI事務局
(e-mail: kgri[at]info.keio.ac.jp)
"[at]"を"@"に変更して送信してください。