KGRIについて

概要

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI, Keio University Global Research Institute)は、大学のグローバル化をより一層推進し、世界に貢献する国際研究大学となるための基盤として、既存の慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所を発展的に改組し、2016年11月に設置されました。

慶應義塾大学は、2014年文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に、世界レベルの教育研究を行なうトップ大学として採択されました。それを受けて、福澤の建学理念を活かして「実学(サイエンス)」によって地球社会の持続可能性を高める」ことを目指し、人文社会科学から自然科学まで幅広い学問領域の研究者を擁する総合大学としての強みを活かして、「長寿(Longevity)」「安全(Security)」「創造(Creativity)」の3つのクラスターを設けて、文理融合研究推進を打ち出しました。

KGRIは、その実現拠点として、学内の関連する教育研究分野と密接に連携しながら「長寿」「安全」「創造」の3つのクラスターにおいて文理融合研究や領域横断研究を推進し、その成果を広く国際的に発信することを目的としています。

KGRIでは、3つのクラスターを冠し研究プロジェクトが活動していますが、単一の学問領域ではなく複数の学問領域の研究者が所属し、領域横断的な研究が実施されています。学部・研究科において行なわれているそれぞれの専門分野における最先端の研究を、学際的に応用することによって、社会が抱える諸問題の解決につなげようとするものです。

KGRIは、慶應義塾における最先端の研究、教育と社会とを繋ぐ結節点として、また文理融合研究の拠点として学際的研究が活発に展開され、次代を担う研究者を育成・輩出し、成果を国内外と共有してその持続的発展に寄与することを目指しています。

組織

本部会議

基本方針、事業計画、人事、予算・決算、プロジェクト選定・受託事業受入、小委員会設置 その他、KGRI運営に関わる重要事項

運営会議

KGRI運営業務、本部会議付託事項、プロジェクト企画選定、研究成果の点検・評価

小委員会

寄附講座運営委員会 チェアシップ運営委員会 等

所長メッセージ

KGRIとは何か?という問いに明確な回答はありません。なぜなら、KGRIは"成長し続けるリサーチ・フロント"であるからです。Keio Global Initiativeを構成する三つのクラスター(長寿・安全・創造)の下での多数の研究プロジェクト、さらに、慶應全体で展開する無数の研究プロジェクトも含め、それらが織り成す新時代のタペストリーをはっきりと掲げることがKGRIの役割です。

KGRIには三つのミッションがあります。
第1に、研究プロジェクトの「実効化」。内外の研究資金によって活動する各プロジェクトを支援する仕組みを提供するとともに、持続可能なグローバル社会に資する新しいプロジェクトを開発・支援してまいります。 世界的に通用する研究拠点の立ち上げも視野に入れてまいります。

第2に、研究プロジェクトの「可視化」。KGRIは、研究の現状や成果を、リニューアルされた義塾ウエブサイト等を通じて魅力的なコンテンツに編集し世界発信します。大きな発展が期待できるプロジェクトについては、キャラバンを組み、海外に出てワークショップを開催することを積極的に促進し、支援する予定です。

第3に、Transdisciplinary な新しい研究のプラットフォームを積極的に提案していきたいと思います。「文理融合」「領域横断」は"言うは易く行うは難し"の典型であります。キャンパスや部門、そして専門領域を超えて、また、産官学の枠を超えて、従来の固定観念にとらわれず、新しい学問のあり方を開発しようではありませんか。まずはKGRIで、知恵を出し合い、語り合いましょう。Transdisciplinaryとは、本来、楽しい冒険的プロジェクトであるべきです。

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート
所長 駒村 圭吾

文理融合クラスター

慶應義塾は、伝統的な学術研究に加え、さまざまな分野にわたり創造的な研究活動を推進しています。総合大学としての強みを生かし、「長寿」「安全」「創造」の3つのクラスターにより、文理融合研究、学問領域横断的研究を推進し、その成果を世界に還元することで持続可能な地球社会の発展に貢献します。

クラスター研究プロジェクト